読むサプリ メール講座

躁鬱病の症状とチェック方法 まずはその特徴を知ってください。

躁鬱病の症状とチェック方法 まずはその特徴を知ってください。

躁鬱(そううつ)病とは、双極性障害と呼ばれるうつ病の1つです。
躁鬱病は気分の高低差がみられるのが特徴です。
実際にうつ状態と何が違うのか、症状やチェック法はどのようなものなのか?
治療はどう行えば良いのか?見ていきましょう。

躁鬱病とは?

  • 双極性障害と呼ばれており、躁(そう)の状態と鬱(うつ)の状態が見られます。
  • うつ病とは異なります。
  • 躁の状態で治療をする人が少ないため、うつ病と一緒にされがちな病気です。
  • 躁と鬱の状態をくり返します。

躁状態の特徴

躁状態の特徴

実は躁の状態はこのような感じです。
こんな症状が出ていませんか?チェックしてみましょう。

参照元:https://www.bipolar.jp/depression/case.aspx

軽度の躁鬱の場合は仕事がバリバリできて回りが感心してしまうほどです。
躁の状態は、気分が爽快で新しい発想が次々と湧いてとても意欲的になっています。
しかし、注意力が散漫なため、仕事として完成することができません。

また、何か言われたりするとその刺激に対して過剰に反応し、激昂(げきこう)することがあります。
重症になると反社会的行為に至ることもあります。

躁鬱病の種類

Ⅰ型:双極I型は躁とうつがはっきりとしています。
Ⅱ型:かかっている人、まわりも軽い躁状態は見抜けないため、うつ状態だけが目立ってしまう状態です。

躁鬱病の場合は、必ず「躁」と「うつ」をくり返すので「うつ」期間に自然に入っていきます。

うつ病との違いと治療の困難さ

うつ病との違いと治療の困難さ

躁鬱病の「うつ」状態の時に受診をすると「うつ」だけを治療しようとしてしまいます。
うつ病はモノアミン仮説(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの活性が低下しているので、うつになるという説)に基づき、神経伝達物質に作用する薬を使います。
「うつ病」なら抗うつ薬を中心とした治療を行いますが、躁鬱病患者に抗うつ薬を長期に投与してしまうと回復がかえって難しくなってしまいます。

躁鬱病の「うつ状態」の方が自殺のリスクが高いと言われています。
そのため、躁・うつ両方の病相に効果のある気分安定薬を用いての治療をすることになります。

躁鬱病の治療法

躁鬱病の治療法

薬物療法の場合は気分安定薬を使用します。
抗てんかん薬、リチウム、非定型抗精神病薬の3種のうち、どれかを主軸として使用します。
躁鬱病の場合は、抗てんかん薬のバルプロ酸、カルバマゼピン、ラモトリギンに抗うつ作用や再発防止効果があることがわかってきたので、こちらを使用します。

また、リチウムが細胞内の情報伝達に働きかけることで効果を出すため、使用します。
その他、非定型抗精神病薬を使用することもあります。
こちらは統合失調症の薬と同じものです。
主軸の気分安定薬を使っても効果が出ない時は3種の中で変更、もしくは追加を行います。

まとめ

躁鬱病は再発しやすいので、5年間を目安に内服を継続する必要があります。
抗精神薬は脂質異常症等の副作用もあるため、実は他の病気を引き起こすリスクも高まります。

治療初期は不安、焦りにより一時的に症状がひどくなることがありますが、自己判断で薬をやめるのはかえってよくないため、根気よく治療を続けることが必要となります。
うつ病と間違えられることが多いため、軽い躁状態がなかったか(軽躁エピソード)を確認します。

うつ病治療をしており、時折調子が良いと治ってきたのかな、と思いがちですがその時期が躁鬱の「躁」状態なら必ず「うつ」状態に戻ります。
うつと躁を何度も繰り返している場合は単純にうつ病ではなく、「躁鬱病」かもしれないのです。
周りの人の観察力も含め、医師に相談しながら、適切な治療が行えるようにしていきましょう。

最初のコメントをしよう

必須

*