1. TOP
  2. 電気をつけたまま寝ると太る!肌荒れ・乳がん・不妊・うつ病の嵐に!?

電気をつけたまま寝ると太る!肌荒れ・乳がん・不妊・うつ病の嵐に!?

 2015/09/02 眠り 身体・心の健康 この記事は約 7 分で読めます。
電気をつけたまま寝ている人は要注意

最近は夜遅くまでお仕事をされている人や、
ネットサーフィンやオンラインゲームなどで、
夜遅くまで起きている人が多くなってきていますね。

仕事に没頭していたり、ゲームに夢中になっていたりすると、
あっという間に時間が過ぎて、
気づいたら夜更かししていたなんてことも多いはず。

中にはそのまま眠ってしまって、
朝まで電気が付けっぱなしの明るい部屋で寝ていた。
なんてこともあったりするんじゃないでしょうか。
あなたはいかがですか?

はじめに

もちろん夜更かしは、
身体のリズムを狂わせ様々な不調を招くので、
暗くなったら早く寝るに越したことはありません。

そしてさらに、
電気を付けっぱなしにしたまま明るい場所で寝てしまうと、
さらにいろいろな問題が起こってきます。
あなたはそのリスクをご存知でしょうか?

様々な病の引き金となる肥満

様々な病の引き金となる肥満

例えばその一つが肥満。
人の身体は太陽の光や明るさを感知し、
それに合わせて体内環境を見事といえるくらいに調整しています。

夜、人間が眠る時間帯や場所は暗いのが普通。
その暗いはずの夜に電気をつけたまま明るい状態で眠ってしまうと、
本当は夜にも関わらず脳が昼間だと錯覚し、
睡眠中に分泌されるホルモンが抑制されてしまうのです。

正常にホルモンが分泌されないことによって、
身体を健康に保つために欠かせない新陳代謝が衰え、
それが続くことで徐々に肥満へと発展していくのです。

たとえ昼間に一生懸命運動して、食事も気を付けて、
ダイエットを頑張っていたとしても、
夜に電気をつけっぱなしで寝ているだけで、
せっかくの努力も水の泡になってしまうなんてことも。

また肥満になると、その他にも身体にさまざまな不調がでてきます。
有名なもので言えば、睡眠時無呼吸症候群などの呼吸障害などがあります。
寝ているときに、いびきや10秒以上の無呼吸が頻繁におこるものですね。
これが続くと日中の集中力・注意力が低下したり、居眠りを起こしたりします。
さらに重症になると、チアノーゼ(皮膚などが紫色になる)、多血症(たけつしょう)、
心不全といったものへと発展することもあります。

それ以外にも、肥満によって体重が許容範囲を超えると、
腰や股関節、膝に大きな負担がかかり、
腰痛や下肢痛、膝や股関節の変形などを引き起こす要因となり、
ただ歩くだけで息が上がって痛みが出て、
外出も自由に出来ない、好きな所へ遊びに行けないといったことも。

女性が気をつけたい不妊や乳がん

女性が気をつけたい不妊や乳がん

あと、女性特有のものでいえば不妊症や乳がんといったものがあります。
不妊には、メラトニンというホルモンが関係しています。
このメラトニンは睡眠中に多く分泌されるもので、
睡眠へと誘う働き以外に、卵子を保護する作用や卵子の質を向上させる効果があります。

ですが、夜に電気をつけたまま眠ってしまうことで、
メラトニンの分泌が抑制され生殖器の機能低下を招き、
結果として妊娠しにくい身体となり、不妊症になってしまうのです。

また、ある研究では人工的な照明を受け続けることで、
乳がんのリスクが高まると言われています。
いつもの日常で照明の光を避けるのはさすがに難しいと思いますが、
夜眠るときに電気を消して寝ることで、乳がんのリスクを下げることにつながります。

日本人女性の乳がん発症率は増加傾向にありますが、
乳がんは自覚症状に乏しく、分かったときには骨や肺に転移し、
手術不能でもう手遅れというケースも少なくありません。
日常生活の中で注意できるところに目を向け、予防することが重要です。

見た目にも悪影響を及ぼす肌トラブル

見た目にも悪影響を及ぼす肌トラブル

皮膚の細胞は日々生まれかわり、約1カ月周期で絶えず入れ替わっています。
そしてこの皮膚の再生は、私たちの睡眠中にだけ起こります。
皮膚の再生には自律神経とホルモンの働きが大きく関与していて、
自律神経には活動時に働く交感神経と、休息時に働く副交感神経の2つがあります。

日中は活動モードのために交感神経が優位となり、
脳に血流を集めて身体の動きや感覚をコントロールしているため、
内臓や皮膚への血流は抑えられます。
逆に夜間は急速モードのために副交感神経が優位になり、
脳への血流が減って内臓や皮膚への血流増加が促されます。
このときに、皮膚は再生し古いものから新しいものに入れ替わります。

この皮膚の再生に大きく影響するのが、成長ホルモンです。
このホルモンも先ほど出てきたメラトニンと同じように、睡眠中に分泌が促進されます。
ですが、電気をつけたまま寝ることで自律神経のバランスが乱れ、
成長ホルモンの分泌が抑制されることによって、
皮膚の再生や回復がうまく行われず、結果として肌トラブルを招きます。

現代人に急増しているうつ

現代人に急増しているうつ

さらに、この自律神経の乱れはホルモンバランスの崩れと重なることで、
鬱(うつ)になるリスクを高めます。

私たちは毎日の生活でさまざまな出来事に遭遇します。
嬉しいことや楽しいことがある反面、そうではないことも起こります。
仕事でミスをしてしまったり結果が出なかったり、
恋人や友人、職場の同僚との関係がうまくいかなかったり、
いろんなことで落ち込んだり、憂うつな気持ちになったりします。

そんなときは一晩ぐっすり眠ったり、
生活リズムに気を付けながらそのまま何日か過ごしていると、
だんだんと落ち込みや憂うつな気分が解消されてきて、
また元気が湧いてきてがんばろうと思えるようになります。

これは、良い睡眠によって自律神経やホルモンが適切に働くことで、
日中に溜まったストレスや、緊張や不安といったものを、
睡眠中に自然と回復しているからです。

でも、睡眠状態がよくないと自律神経やホルモンの働きが乱れ、
ストレス、緊張、不安といったものがうまく解消されず翌日へと持ち越されてしまい、
それが続くことによって、さらに不眠となり、
自律神経やホルモンの乱れを引き起こすという悪循環に陥ってしまいます。

こうなると、気持ちが落ち込んだままでいつまでたっても良くならず、
これといった原因がなくても一日中ずっと疲労感がつきまとい、
何をやっても無気力なったりして、日常生活を送ることが徐々に苦痛となってきます。

結果として情緒不安定となってしまったり、うつになってしまうということに。
ここまで来てしまうと、もとの良い状態まで短期間で回復することは難しく、
一旦いつもの生活から離れ、ある程度の療養期間が必要になります。

こんな状態には、あなたも含めて誰もなりたくないはず。
夜眠る時に電気を消して、暗くして寝るだけでそのリスクを減らせるのであれば、
やらない手はないですよね。

まとめ

今回は現代人によくありがちな、
夜に電気をつけっぱなしで眠ってしまうことのリスクについてお伝えしました。
あなたは夜寝る時に暗くして寝ていますか?

そうしないと、自律神経やホルモンバランスの崩れを引き起こし、
肥満、不妊症、乳がん、肌トラブル、うつなどに発展し、
あなたの身体に様々な悪影響を及ぼすことにつながります。

私のクライアントにも、夜は電気を消して寝るように注意しただけで、
眠りの質が良くなり体内リズムも改善され、
いろんな不調や悩みが解消された方もいらっしゃいます。

ちょっとしたことですが、それがあなたの健康を守り、
病を遠ざける大事な習慣になります。
もし身に覚えのある方は、
夜は電気を消して暗くして眠るように心掛けてくださいね。
翌日の調子もかなり良くなると思いますよ。

p.s.
眠りについてはこちらでもお伝えしているので、ぜひ読んでみてくださいね。

【体形が気になる、肥満に悩む人は必見!睡眠不足による影響と解消法】

眠りは脳の疲労回復を促す改善法!?良い睡眠でないと脳内は老廃物だらけに!?】

\ SNSでシェアしよう! /

すこやかラボの注目記事を受け取ろう

電気をつけたまま寝ている人は要注意

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すこやかラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめ記事

  • 大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

    大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

  • 癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

    癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

  • 偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

    偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

  • 不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

    不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

関連記事

  • 6285141914_c6a70e7010_b

    世界の中心で人が持つ生命力を叫ぶ!自然治癒力の高め方

  • ショートスリーパーになる方法~体を壊さず睡眠時間を短くするには?

    ショートスリーパーになる方法~体を壊さず睡眠時間を短くするには?

  • 知らぬ間に!?精神病の種類一覧と症状、自己診断チェック方法

    知らぬ間に!?精神病の種類一覧と症状、自己診断チェック方法

  • 目やしぐさ、その態度の意味は?行動心理学まとめ11選-恋愛・生活編

    目やしぐさ、その態度の意味は?行動心理学まとめ11選-恋愛・生活編

  • 3LDSWGHW9F

    心おどる夏・・・そんな夏こそなぜか増える、夏季うつ・精神疲労の謎

  • 2e293d3c4354fdd0f27f827032fa1af0_m

    急激な体重増加の原因は睡眠不足!?肥満や体形に悩む人は必見!