1. TOP
  2. 急増の軽症うつ病の症状チェク-ストレスに弱い繊細世代が陥る原因

急増の軽症うつ病の症状チェク-ストレスに弱い繊細世代が陥る原因

 2015/07/06 心・メンタル・恋愛 身体・心の健康 この記事は約 5 分で読めます。
ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_s

うつと聞くと、あなたはどんなことを思い浮かべますか?

「やる気が出なくて、人と関わるのが嫌になって、身体がだるくて・・・」
「眠れなくて、集中力も落ちていって、いろんなものへの興味がだんだん薄れて・・・」

そんなイメージを描くかもしれません。
もしくはあなたの周りでも、
「あの人、ちょっとうつっぽいかも・・・。」
という人が身近にいるんじゃないでしょうか。

心の健康問題「うつ」の増加

少し前のデータですが、内閣府が行ったある意識調査で、
「心の健康を“崩されている”可能性が高い」
と判定された人の割合が、20~30歳代で16%に上ったとのことです。
つまり、心の不調を抱えている可能性の高い人が、
ほぼ6人に1人ということになります。

これを聞いて、あなたはどう思いますか?
「えっ、そんなにいるの?!」
という意見もあれば、
「あー、まぁそれぐらいいるんじゃない。」
という人もいるはず。

6人に1人なので、あなたの身近にいてもおかしくないはず。
仲の良い友達や職場の同僚など、いつも顔を合わす付き合い範囲で、
1人はそういう人がいるという割合になります。

20~30代といえば、まだまだ体力も気力も有り余る世代のはず。
仕事に、恋愛に、遊びに、趣味に、
やりたいことや若いうちにしかできないことをやりつくす。
そんな人たちのはず。

だからこそ、この数字はとても気になる値といえます。
このような心の健康問題で取り上げられるものとして、
「うつ病」があります。

「軽症うつ」は時代によるもの

75085b939abffa1b3e38fdc08a316b57_s

また最近は、明らかにうつとは言えないものの、
それに近い状態で毎日を過ごしているような「軽症うつ」が、
若者の間で増えているという状況です。

僕が昔、理学療法士になるための学校で学んでいた頃、
うつ病になりやすい人はこんなタイプと言われていました。

・責任感が強い、几帳面、真面目
・頑張りすぎる、
・うつといわれるまで気づかずショックを受ける
・年代に関係なく、何かのきっかけ
 
(離婚、昇進、転勤、etc・・・)で起こる

という感じ。
でも、今の軽症うつと言われるものでは、それが当てはまらないことが多いです。
そして、若者で増えている理由には時代背景もあります。

生まれた時から身の周りには何でもそろっていて、
ある程度、安心して過ごせる安定した環境が当たり前にあり、
特別に頑張らなくても生活には困らない。

むしろ、満たされた状態で育ってきたうえに、
ネット社会が確立し必要なものが簡単に手に入ってしまうため、
かえってやりたいことがわからなくなってしまう。

生き物としての生命を脅かされるようなストレスがない状況で、
周辺環境や外部からの情報に満たされ過ぎることで逆に自分を見失い、
無気力になってしまう。

どんどん自己の存在がわからなくなり、
生きることの意味を考えたり、どこかへ自分探しに出かけたりと、
どこにもない答えを求め始め、さらにどつぼにはまっていく。

「豊かな時代に育ってきた世代はストレスに弱い」

などと言われることが多いように感じますが、
僕はちょっと違うと感じています。

「満たされ過ぎて育ってきた結果、自分を脅かすなんらかの刺激に対して、
そのストレスに対抗し、それを乗り越えようとする生物としての本能が低下している」

のではないかと思っています。
だから、若者を中心に現代に生きる誰もが陥る可能性のあるものであり、
世間でいうところの“風邪”くらい身近に起こりうるものじゃないかと。

「満たされることで、本能(もともと備わっている機能や能力)を失う

全部簡単に手に入ってしまったら、そりゃ本能なんて失せていきます。
自分で頭ひねって考えて、必死になることもなくなり、
それが当たり前になっていく。

その結果、生きるために必要でもないようなことに振り回され、
溢れる情報に目を奪われ、余計なことに頭を悩ませ、
妄想が自己否定を生み出し、今の自分を責め、自分から闇に落ちていく。

本能を失わないためにできる簡単なこと

cff841ab2b08c469fd44b7ce8cf98ba8_s

こう言っている僕だって、
同じ世界、同じ時代に生きているわけなので、
いつ何が起きるかも分からないし、
いきなりそこに転げ落ちる可能性だってある。

だからこそ、今の自分の生活を振り返り、
自分で自分を苦しめている、
自分で自分の力を削いでいる、
自分で自分の健康を壊している、
そんな習慣や考え方がないかを振り返る。

周りの声に、目に飛び込んでくるイメージに、
外部のあらゆるものに流されやすい環境で生きているからこそ、
自分を探しに行くのではなく、ただそのまま自分を振り返る。
そんな時間をとることが大事だと思います。

特別なことをする必要はないと思います。

自分が考えていることを思うがまま紙に書きだしてみたり、
意味もなく運動したりして、一度全部頭から放り投げてみたり。
誰かと会って、笑い話も交えながら自分の意見をシェアしてみたり。

なんでもいいと思います。
どこかにあるそれっぽい答えや、他人任せにせず、
あなたの状態をあなた自身で感じ取り、その声を聴く。
そんなイメージでしょうか。

まとめ

自分でできることから少しづつ始めてみてください。
それを身体が喜んでいると感じたら、
1日数分でもいいので続けてあげてください。

もし今、あなたにお悩みがあるようなら一度、
ご相談ください。
今までにはなかったような、
新たな視点からのアドバイスができるかもしれません。

毎日のケアが、あなたの身体と健康を守ります。
そしてそれは、仕事、恋愛、人間関係での豊かさにも直結します。

自分の身体と心に目を向け、健康への意識を高め、
笑顔で送る毎日の幸せと豊かさを手に入れましょう。

日向ナチュラルコンディショニング http://salon-hinata.biz

\ SNSでシェアしよう! /

すこやかラボの注目記事を受け取ろう

ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すこやかラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめ記事

  • 大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

    大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

  • 癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

    癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

  • 偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

    偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

  • 不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

    不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

関連記事

  • 知らぬ間に!?精神病の種類一覧と症状、自己診断チェック方法

    知らぬ間に!?精神病の種類一覧と症状、自己診断チェック方法

  • 泣き上手になるには?泣きたい時に泣く方法でストレスを発散させる!

    泣き上手になるには?泣きたい時に泣く方法がストレスを発散させる!

  • 運動はうつに対する特効薬

    うつ病に効果的な運動!不眠・気分の落ち込み・・・悩みを一発解消!

  • うつ病の症状と原因、自己診断チェックで心の状態を見てみましょう!

    うつ病の症状と原因、自己診断チェックで心の状態を見てみましょう!

  • 623FCA67C5

    睡眠で脳疲労の回復を促す!悪い眠りで脳内は老廃物だらけに!?

  • A2E33C32B9

    寝つきを良くするには?夏の寝不足解消法!手軽に出来る3つの工夫