1. TOP
  2. コレステロールは悪じゃない①LDL・HDLコレステロールとは?

コレステロールは悪じゃない①LDL・HDLコレステロールとは?

 2015/07/18 栄養学・食への意識 食事・栄養 この記事は約 4 分で読めます。
cd20b49a34e25d68ad4089dc1fb0b432_s

先日、とあるクライアントさんとの会話から、
「この前、病院での検査でコレステロール値が高めって言われたんです。
 これってやっぱり良くないんですよね~?」
というお話しに。

これ、よくある話なんですが、
ほとんど多くの人が勘違いしてるんですよね。
どうも、コレステロールに対するイメージが悪い。

コレステロールは悪くない!

話を聴けば聞くほど、
「コレステロールは身体に害を及ぼす悪者」
かのように思っている節がみられます。

そのたびに毎回ご説明しているのは、
「コレステロールは悪じゃない」
ということです。

この思い込みは、
世間一般的にコレステロールが、
「善玉」や「悪玉」と呼ばれているせいだと思います。

今では、生活習慣病世代であれば多くの人が知っている、
「悪玉コレステロール」「善玉コレステロール」という言葉。
ただ、そもそもコレステロールに善も悪もありません。

というか、身体にとってなくてはならない栄養成分。
必ず必要なものなので、それ自体が悪なわけありません。

コレステロールの重要性を知るためには、
まずは、この間違った思い込みやイメージをなくすこと、
そこから始めていきましょう。

2種類のコレステロールに対する誤解を解こう!

肝臓で作られた栄養成分(コレステロールやタンパク質など)は、
血液によって体内の各細胞へと運ばれます。

タンパク質は水と相性がいいので、
そのままの形でも血液の流れに乗ってうまく移動できます。
でも、コレステロールは脂質なので、
油が水と混ざらないのと同じように、
そのままの形では血液にうまく溶けず、流れに乗って移動できません。

そこで、肝臓はコレステロールなどの脂質を、
タンパク質でコーティングした物質を作ることで、
たんぱく質も脂質も一緒に効率よく血液によって運ばれるようにしています。
この物質をリポプロテインと言います。

肝臓を出ていくときのリポプロテインは、
コレステロール等の脂質を多く含んでおり、
この状態のリポプロテインをLDLといいます。
肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ働きがあります。

逆に、肝臓へと戻ってくるときのリポプロテインは、
コレステロールが少なくタンパク質を多く含む状態になっています。
この状態のリポプロテインをHDLと言い、コレステロールを肝臓に戻すお掃除役です。

要するに、LDLコレステロールもHDLコレステロールも、
その状態に違いがあるだけでコレステロールとしては同じ物質です。

LDLコレステロールを「悪玉」、
HDLコレステロールを「善玉」と呼んだりしますが、
「悪い働きをするコレステロール」と、
「良い働きをするコレステロール」の2つがあるわけではないんです。
むしろLDLは大事な栄養成分の塊なので、これがないとまずいくらいです。

30209bb6985d92895140f13a8e683d0f_s

確かに、健診などの結果でLDLの値が異常に高い人の場合、
動脈硬化を招きやすく、将来的に心疾患や脳卒中など、
三大死因と呼ばれるような病気になる可能性が高いと予測することはできます。

ただし、大事な栄養成分の塊であるLDLを、
「悪玉」と呼ぶのは大きな間違いです。
食べ過ぎや運動不足などにより、LDLが過剰に増えることが問題であり、
LDLそのものが問題や悪ではないということです。

病院などでよく、
「悪玉コレステロールを減らしましょう。」
などといっている場面を見聞きすることがありますが、
こんな伝え方は完全に的外れもいいところです。

これはコレステロールに対する誤解を招くだけでなく、
コレステロール不足による、
将来の致命的な病気を引き起こすリスクを高める大きな原因だと言えます。

まとめ

何度でも言いますが、
LDL中のコレステロール(いわゆる悪玉)であっても、
HDL中のコレステロール(いわゆる善玉)であっても、
コレステロールは私たちの体にとって重要な栄養成分です。
善も悪もありません。

血液中のコレステロールが必要量以下に不足すれば、
私たちの生命は維持できません。
たとえば、発展途上国で栄養不足のために死んでいく子供たちの血液検査をすれば、
LDLコレステロールの値はものすごく低いと予測できます。

ということで、今回は多くの人がイメージしがちな、
「コレステロールは悪である」
という間違った思い込みについてお伝えしました。

次回は、コレステロールが身体にとって欠かせない理由と、
その重要な働きについてお伝えしていきます。

次の記事:コレステロールは悪じゃない②大切な役割と不足が招く身体のトラブル

\ SNSでシェアしよう! /

すこやかラボの注目記事を受け取ろう

cd20b49a34e25d68ad4089dc1fb0b432_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すこやかラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめ記事

  • 大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

    大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

  • 癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

    癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

  • 偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

    偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

  • 不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

    不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

関連記事

  • 33XTTN4HOS

    結局、生野菜サラダと果物が健康にいい理由。地球最高の生命力は植物!?

  • 87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_m

    妊婦さん、将来子供を産むお母さん必見!食事の献立で絶対ダメなもの

  • 843b183a74436ace3e26de1db628c4a9_m

    ゲップ・おならが多い、便秘・下痢が続く理由は胃薬の恐い副作用!?

  • 重金属の人体への影響は?体内の蓄積をデトックスする食事法

    重金属の人体への影響は?体内の蓄積をデトックスする食事法

  • WZEKJQF6AZ

    ビタミン・食物繊維が豊富!病気予防・ダイエットに効く万能薬はコレ!

  • 小さな子供でも発症・・・小児糖尿病の原因と症状、予防するには?

    小さな子供でも発症・・・小児糖尿病の原因と症状、予防するには?