1. TOP
  2. 【妊娠の仕組み】男女の産み分けと双子妊娠を100%に近づける方法

【妊娠の仕組み】男女の産み分けと双子妊娠を100%に近づける方法

 2016/08/05 女性に多い悩み 疾患・症状 この記事は約 14 分で読めます。
【妊娠の仕組み】男女の産み分けと双子妊娠を100%に近づける方法

「赤ちゃんが欲しい」と考えたときに、「女の子がいい・男の子がいい」という希望を持つ人も多いのでは?
産み分けの方法も噂では聞くけれど、根拠のある方法なのか都市伝説レベルの話なのか・・・。

また、少子化が進んでいると言われる現代の中で、双子の出生率が上がっていることを知っていますか?
20歳未満の若い世代の双子の出産率はとても低いのに対し、35歳からの女性の双子の出産率が大きく上がっているのです。
妊娠はそれだけでも奇跡としか言いようのない現象ですが、双子の妊娠は、確率の低さからも奇跡と偶然が実体化した幸運なのかもしれません。

そこで、今回は「赤ちゃんの性別が決まる仕組み」から産み分けの方法、双子の妊娠の仕方について、説明したいと思います。
ここでの内容はあくまでも情報の一つですので、かかりつけのお医者様がいる場合は、まずは専門医に相談をしてくださいね。

産み分けは100%できるわけではない

産み分けは100%できるわけではない

女の子・男の子を希望して、産み分けの指導をしてくれる国内のクリニックにかかっても、希望の性別の赤ちゃんを授かる可能性は100%ではありません。
海外で体外受精をする人も中にはいて、この方法だと、ほぼ100%の確率で産み分けは可能ですが、着床に至るまでのハードルが高く、何より費用面での負担も大きいため、現実的とは言えません。

そこで、父親・母親となる、男性と女性の食べ物で体質を変化させる方法や、性行為の方法、タイミングなど様々な産み分け方法が選択肢に挙がりますが、これらももちろん100%希望の性別の子供を授かることはできません。
産み分けのデメリットも理解したうえで、性別を決めるメカニズムを知って、様々な産み分け方法を試すことをお勧めします。

産み分けのデメリット

産み分けのデメリット

妊娠率が下がる可能性がある

産み分けをするということは、すべての精子の中から希望する性別の精子のみを受精するように仕向けるということなので、妊娠率は産み分けをしない場合よりも低くなります。
特に女の子を望む場合は、女の子の遺伝子を持った精子の数が男の子の遺伝子を持った精子に比べて少ないため妊娠率は10%程度まで下がってしまうと言われています。

産み分けに失敗する可能性がある

どのような方法であれ、産み分けが100%の確率でない以上、希望とは違う性別の赤ちゃんを授かる可能性があります。
赤ちゃんには罪はありませんから「それが理由で愛情を持てない」ということはできません。
どちらの性別であっても愛情を持って育てる、強い覚悟を持つ必要があります。

産み分けに対するプレッシャー

男の子か女の子かどちらかを強く希望しすぎることで、自分にもパートナーにもプレッシャーがかかり、ストレスとなることもあります。
産み分けを意識しすぎて、夫婦間に溝ができてしまっては、その後の育児や家族生活にも支障をきたします。
夫婦間の意見のすり合わせや、ある程度のこと以上は、天に任せるぐらいの心持ちで産み分けに臨むのがいいかもしれません。

費用の負担が大きい

クリニックで産み分け指導を受け、エコーを行ったり、リン酸カルシウムやゼリーを処方してもらう場合、1回で1万円程度の費用が掛かることが多いようです。
不妊症などではなくても、妊娠を希望してすぐ授かるということは稀ですし、しかも産み分けには微妙なタイミングも関わってきます。
数回の通院が必要になるのは念頭において始めた方がいいでしょう。
もちろん、産み分けの相談は健康保険の適用外なので全額自己負担です。

産み分けのタイミングは排卵のタイミング

産み分けのタイミングは排卵のタイミング

産み分けには排卵と性交のタイミングが大きく関わると言われています。
一般的に、男の子を授かりたいときは排卵直後、女の子を希望するときは排卵日から2~3日後に性交をする必要があると言われます。

これは、精子と女性の体内のしくみにもとづいているのですが、女性本人でも、排卵のタイミングは自覚できないものです。
排卵のタイミングを知るために、「基礎体温を記録する方法」「排卵検査薬を使用する方法」「クリニックでエコー検査を受ける方法」があります。

基礎体温を記録し排卵日を知る方法

まずは、基礎体温を記録する方法ですが、基礎体温をつけてみると、月経期が終わり、卵胞期、排卵期と上昇下降を繰り返しながら徐々に下がっていきます。
月経開始から次の月経開始前日までで一番体温の低い日が排卵日の可能性が高いと言えますが、1周期での予測は不可能に近いでしょう。
何周期も基礎体温を記録し、そのデータをもとに予測することはできますが、もともと周期が不安定な人は予測が困難かもしれません。

排卵検査薬を使用して排卵日を知る方法

次に、排卵検査薬を使用して排卵日を特定する方法です。
排卵検査薬は、妊娠検査薬と同じように、尿に含まれるホルモンに反応して排卵を確認する検査薬です。
女性の体では、常に「ヒト黄体形成ホルモン(LH)」が分泌されていますが、排卵日にはこのホルモンの分泌量がピークになるため、尿中のLHの濃度に反応して排卵日を特定するのです。

まず、基礎体温で予測をたて、排卵予定日の前後に使用することで、予測の精度を上げることができます。
排卵検査薬は現在、薬剤師のいる調剤薬局などで取扱いがあるほか、インターネットでも購入できます。
5本や7本でひと箱2,000~3,000円前後で販売されていて、それぞれLHの感度に差があります。

クリニックでエコー検査を受けて排卵日を知る方法

3つ目は、クリニックでエコー検査を受けて、卵胞の大きさから排卵日を医師に予測してもらう方法です。
排卵日のタイミングを調べるためには、3つの方法で一番確率が高く、自己判断の予測よりも10~15%精度が上がると言われています。
エコー検査にかかる費用は病院によって違いますが、相場は3,000円前後です。

性別が決まる仕組み

性別が決まる仕組み

赤ちゃんの性別は受精の瞬間に決まります。
一昔前は赤ちゃんの性別を決めるのは、母体の体質だと言われてきましたが、赤ちゃんの性別を決め手となるのは、精子の持つ染色体です。
精子にはX染色体を持つものとY染色体を持つものがあります。
X染色体を持つ精子が卵子と受精すると女の子に、Y染色体を持つ精子が卵子と受精すると男の子になるのです。

精子の特徴と女性の身体の特徴

精子の特徴と女性の身体の特徴

X染色体の精子は酸性の環境に耐性があり、Y染色体の精子に比べると、泳ぐ速度は遅めですが、寿命は2〜3日と長く、数は半分程度です。
Y染色体の精子はアルカリ性の環境で活発になり、X染色体の精子に比べて、泳ぐ速度が速く、寿命は24時間と短いのですが、数は多くなっています。

一方で、女性の膣内は通常、外部の雑菌から身を守るため、強い酸性の環境になっていますが、精子自体はアルカリ性のため、排卵期には膣内もアルカリ性の粘液が増えて妊娠しやすい環境になります。
また、女性がオルガスムスを感じると、膣内でアルカリ性の粘液が分泌されるため、アルカリ性に傾くことが分かっています。

男の子を産む場合

男の子を産む場合

男の子を望むときは、Y精子のアルカリ性に強いという特性を生かす必要があります。

排卵日に性交をする

排卵日は女性の膣内が1周期で一番アルカリ性に近づきます。
また、排卵する前の性交では、寿命が24時間程度と短いY精子は、受精を待たずに死に絶えてしまいます。
排卵日であれば、数が多く、泳ぐスピードの速いY精子が受精に有利になるのです。

女性がオルガスムスを感じる

これも、膣内の酸性度を下げるための方法です。
女性がオルガスムスを感じることで子宮頚管粘液が分泌され、更に膣内のアルカリ性度が上がります。

Y精子を長く泳がせない

酸性の膣内を泳ぐ期間が短い方が、Y精子の生存率も高く、妊娠しやすくなるので、なるべく奥で射精するようにします。

Y精子を増やす

膣内をアルカリ性に近づけるとはいえ、やはり元が強い酸性の環境なので、Y精子の大半が受精までたどり着けないのが現実です。
Y精子の受精の確率を上げるためには、Y精子の数を増やすことも大切です。
Y精子の数を増やすには、男性が禁欲をして精子自体の数を増やすことです。
禁欲期間が長いと、精子の受精能力が低下するため、禁欲は5日程度に留めておくといいでしょう。

女の子を産む場合

女の子を産む場合

女の子を望む場合は、X精子がY精子に比べて酸性に強いこと、寿命が長いという利点を生かすことが重要です。

排卵日2日前の性交

排卵していないのに性交をしても妊娠しないのではないかと思いがちですが、X精子の寿命は2~3日あるので性交をして、たとえスピードが速く数が多いY精子が先に子宮膨大部にたどり着いても、排卵を待つ間に寿命を終えてしまいます。
一方、X精子は排卵を待って受精することが可能なのです。

また、排卵日が近づくにつれて、膣内の酸性度が低くなり、アルカリ性のY精子が生き残りやすい環境になりますが、排卵日2日前では、まだ膣内の酸性度が高くX精子が有利な環境なのです。
ただ、排卵日2日前を特定することはとても難しいという難点があります。
月経周期を整えて、基礎体温や排卵検査薬、クリニックでエコー検査をする必要が出てくるかもしれません。

精子の数を減らす

精子の比率的に、精子の数が増えれば増えるほど、Y精子の数が増えることになります。
そのため、精子の数を減らすことが必要になります。
3日に1回、少なくとも1週間に1回は射精をして精子の数自体を減らします。

女性を刺激しない性交をする

膣内の酸性度を下げないために、女性がオルガスムスを感じないように性交をします。
また、浅い位置で射精をする方が、酸性の膣内でY精子の活動が弱まるため、スピードの遅いX精子の受精の可能性が上がります。

排卵日2日前の性交の後は避妊する

排卵日2日前の性交の後は、最低でも1週間程度は避妊しましょう。
排卵日2日前の性交で受精していなかった場合、排卵後の性交でY精子が受精しやすくなることを防ぐためです。

クリニックで産み分けをする場合

クリニックで産み分けをする場合

どこの産婦人科でも産み分け相談に乗ってもらえるというものではありません。
産み分け相談を受けている産婦人科を探すことから始めましょう。

クリニックの産み分け指導はどんな内容?

  1. 排卵日の予測
    エコーや尿検査で排卵日を正確に予測します。
  2. 頸管粘液測定
    頸管粘液とはおりもののことで、分泌量の増減などでタイミング指導の一つの目安になります。
  3. タイミング指導
    排卵日や頸管粘液の状態から、希望する性別の子供ができやすいタイミングを指導されます。
  4. 産み分けゼリーの処方
    男の子を希望する場合はグリーンゼリーを、女の子を希望する場合はピンクゼリーを処方してもらいます。
    性交時に前もって使うことで、膣内をアルカリ性・酸性にして、希望の性別の染色体を持った精子を受精しやすい環境を作ることができるのです。
    これらの産み分けゼリーは通販などでも入手できますが、成分の安全性や衛生面で信頼できる製品を使うためにも、正しい使い方をするためにも、クリニックで処方してもらうことをお勧めします。
    費用は1本10000円ほどかかります。
  5. リン酸カルシウム(リンカル)の処方
    元は胎児の先天性異常予防のために服用していた錠剤でしたが、これを服用した女性の7割から8割が男児を出産したことから、産み分けに使われるようになりました。
    2か月以上、毎日朝晩に服用し、飲み忘れがあると効果が下がると言われています。
    薬局などでリン酸カルシウムの含まれたサプリメントも販売されていますが、そういった製品で産み分け効果をうたったものはありません。
    産み分けのためにリン酸カルシウムを摂るのであれば、クリニックで処方してもらう方がいいでしょう。
    費用は1ヶ月分で3000円程度です。
    ただ、リン酸カルシウムの摂取で男児が生まれるメカニズムが解明されていないため、処方しない方針のクリニックもあるようです。
  6. パーコール法
    パーコール法は、X精子とY精子の比重の違いを利用して、希望する性別の精子を選別して人工授精する方法です。
    成功率は60~70%程度で、1度に5万円ほどの費用がかかるため、希望する人も実施するクリニックも少なくなっています。

クリニックを受診するタイミング

クリニックで産み分け指導を受ける場合、排卵日の特定から行うことが一般的です。
エコーで卵胞を確認して排卵日を予測しますが、その場合も基礎体温の記録は不可欠です。
あらかじめ、基礎体温を2~3か月記録して受診しましょう。

また、エコーを受けるときは、排卵日の3日前ごろに受診するといいでしょう。
あまり早すぎると、正確な排卵日の予測は困難になりますし、また数日後にエコーを受けることになると、時間も費用も1回分多くかかってしまいます。

妊娠の成功率を高めるためにすべきこと

妊娠の成功率を高めるためにすべきこと

まずは女性ですが、普段月経の周期が安定しているという人も、些細なことでリズムを崩す可能性があります。
睡眠不足やストレス、極端な体重の増減で排卵日がずれることもあります。

男性も、規則的な生活が基本です。
精子は体内で作られてから2~3か月後に排出されると言われています。
精子の質によって、産み分け・妊娠の成功が左右されるので、長期的な生活改善が必要です。
タバコを吸っている人は、血流を悪くし、精子の生成に悪影響があるので、できれば禁煙しましょう。

食事による産み分け方法などの情報はありますが、長期的に偏った食生活をするよりはバランスのとれた食事で健康な体を作ることの方が大切なので、近年ではあまり重視されていません。
しかし、男性が性交前にコーヒーを飲むとカフェインの効果で精子(特にY精子)の活動を活発化させると言われています。
男の子を希望している人は、他の方法と合わせて試してみるといいかもしれません。
飲み過ぎは遺伝子の損傷につながるというデータもあるので、60分~90分前に1杯飲んでおくといいでしょう。
なお、女性のカフェインの摂取は着床率をさげるという説があるので、妊娠を希望する期間はできれば控えましょう。

双子を妊娠する方法

双子を妊娠する方法

医療による双子の妊娠

統計データでは、出生総数は減ったのに双子の出生率が上がっている、そんな不思議な現象が起きています。
これは、晩婚化に伴い、不妊治療を進める女性が増加したためと言われています。

不妊治療の一つとして、排卵誘発剤があります。
これは排卵日の特定や、自然な排卵が難しい場合に使用しますが、使用すると複数の卵子が誘発され、双子、もしくはそれ以上の多胎妊娠をしやすくなると言われています。

他には、高度生殖医療があります。
体外受精、または顕微授精という医療のサポートを受け、妊娠の確率を上げるために複数の受精卵を子宮に戻します。
そうすることで妊娠の確率があがり、同時に双子を授かるケースが増えたそうです。

食べ物による双子の妊娠

背の高い女性や、乳製品を多く摂ると確率が高くなると言われています。
これは、背の高い女性にはIGF(インスリン成長因子)と言うたんぱく質に関係する成長ホルモンが多いと考えられており、結果、そのホルモンが多いと双子を授かる確率が上がるというものです。

そして、そのIGFは牛乳にも入っていると考えられており、乳製品を摂った女性と、摂らない女性を比較した場合、双子を妊娠した確率が5倍も違っていたという結果が出たのです。
乳製品を含め、動物から摂れる肉や魚、玉子などを動物性食品と言います。
この動物性食品の中にもIGFが入っていて、質の良い卵子を作り生産数を増やす役割もしていますので、バランスよく積極的に摂り入れるといい食べものです。

体質による双子の妊娠

医療、食べ物と続き、最後は母体となる女性の体質のお話です。
母体となるあなたの体にも多くの可能性が秘められています。
女性の家系で双子がいる場合、その女性も一度に複数の排卵をする確率が高いため、双子の妊娠率が上がります。
この場合、一卵性双生児のように奇跡の繰り返しの双子ではなく、二卵性双生児として授かる確率となります。

また、近年では高齢出産も増加傾向にあります。
すでにご存知のように、卵子も人と同じように年を重ねるごとに老化していくため、受精のチャンスを活かしきれないこともあるのです。
ですが、人は植物と同じように、種族を残すための本能なのか、年を重ねると卵子を一つではなく二つ以上送り出すことがあるのです。
そのため、高齢出産も増加し、双子の出生率も上がったというわけです。

 

30代、40代における出産には、こちらの記事がオススメ!
【妊娠したい】30代で2人目、3人目を!40代でも初産するためにできること

妊娠しているかどうか、妊娠初期・妊娠超初期における判断の参考に、併せてご覧ください。
妊娠超初期症状はいつから?どんな症状が出るの?妊娠兆候判断まとめ

妊娠していることが分かれば、こちらの記事を併せて読むと、赤ちゃんのためにはとても良いことなので、ぜひ参考にしてくださいね。
妊娠中の食事メニューは何に注意したら良いの?適当はマズイって本当!?

まとめ

【妊娠の仕組み】男女の産み分けと双子妊娠を100%に近づける方法

産み分けをして希望する性別の赤ちゃんを授かるためには、性別を決定するX精子とY精子の特徴と、女性の膣内の酸性度がポイントでした。
そのために、性交のタイミングや方法について注意するという産み分け方法もありましたが、やはりクリニックで排卵のタイミングを的確に予測し、膣内の酸性度を左右するゼリーやリン酸カルシウムを処方してもらうなどの方法が成功率は上がります。

まずは自分の子宮や卵子のコンディションが良好かどうかを知らなくてはいけません。
結婚を控えた女性、将来子供を授かりたいと考えている女性がブライダルチェックを行うように、決まった周期に生理が来ても排卵がきちんとされているのか、自分の卵子の質はどうなのかということを知る必要があります。
この機会に、一度診察を受けてみるのもいいかもしれません。

ただ、それでも成功率は100%ではなく、費用や心理的な負担もかかるため、夫婦で妊娠・産み分けについての共通した認識を持って進める必要がありますね。
もちろん、産み分けを希望する事情は様々だと思いますが、産み分けは100%ではないことをしっかりと理解し、授かった子供を大切に育てる覚悟をもったうえで、産み分けに取り組んでくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

すこやかラボの注目記事を受け取ろう

【妊娠の仕組み】男女の産み分けと双子妊娠を100%に近づける方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すこやかラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめ記事

  • 大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

    大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

  • 癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

    癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

  • 偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

    偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

  • 不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

    不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

関連記事

  • パニック障害の原因と症状 堂本剛・中川家剛・YUI・・・なぜ芸能人に多い?

    パニック障害の原因と症状 堂本剛・中川家剛・YUI・・・なぜ芸能人に多い?

  • 腰や背中の痛みは内臓トラブルのサイン

    腰や背中の痛みの原因は内臓トラブル!?尿路結石・胃潰瘍に要注意!

  • 【妊娠したい】30代で2人目、3人目を!40代でも初産するためにできること

    【妊娠したい】30代で2人目、3人目を!40代でも初産するためにできること

  • その症状って・・・!?20代女性に増加中の若年性更年期障害のチェック方法

    その症状って・・・!?20代女性に増加中の若年性更年期障害のチェック方法

  • 妊娠中の食事メニューは何に注意したら良いの?適当はマズイって本当!?

    妊娠中の食事メニューは何に注意したら良いの?適当はマズイって本当!?

  • 動脈硬化の原因と症状まとめ-知っておくと役立つ予防・改善法

    動脈硬化の原因と症状まとめ-知っておくと役立つ予防・改善法