1. TOP
  2. 首の腫れ、動悸・・・バセドウ病の男女・子供の初期症状と原因、治療法

首の腫れ、動悸・・・バセドウ病の男女・子供の初期症状と原因、治療法

首の腫れ、動悸・・・バセドウ病の男女・子供の初期症状と原因、治療法

「甲状腺の病気」と言われてもピンとこないですよね。
のど仏の下で気管の前あたりに甲状腺があり、ホルモンを分泌する大切な役目を担っています。
一般に知られていない病気ですが、最近では若い人や芸能人でも甲状腺の病気にかかっている人が増えてきました。

バセドウ病、橋本病といった病名がついていますが聞いたことはありますか?
実際に甲状腺の病気とはどんなものなのか?
症状はどう出るのか?
検査や治療についてまとめてみました。
一緒にバセドウ病や橋本病といった甲状腺の病気について見ていきましょう。

バセドウ病とは?

バセドウ病とは?

甲状腺ホルモンが過剰につくられる病気です。
甲状腺の病気全体の男女比は1:9と言われていますが、バセドウ病の比率は男性1人に対し、女性4人となっています。
発病は20代、30代が過半数を占めています。

また、40代、50代といった壮年期にも多いのが特徴です。
バセドウ病は「自己免疫疾患」と呼ばれています。

免疫力とは一般的に「外から入ってきたウイルスや菌」といった外敵と戦うイメージがありますね。
よく免疫力をつけると風邪をひきにくい、病気になりにくいと言われます。
免疫力は自分自身で自分を守る防衛システムと言えます。

ところがバセドウ病の場合は体内のどこかで甲状腺を異常に攻撃する抗体が作られてしまうのです。
この抗体が甲状腺を刺激してしまうため、甲状腺ホルモンをどんどん作らざるを得ない状況になっているのが、バセドウ病です。

バセドウ病の芸能人

では3人の有名人から「バセドウ病」って症状を見ていきましょう。

ピンク・レディー 増田恵子さん

増田さんの症例から分かることは、手の震え、力が入らない、激しい動悸、異常な寝汗、疲労感、空腹感、首の腫れといった症状があったことです。
しかし、更年期障害に症状が似ていることや仕事をしていることで周囲には告げることができず隠していたようです。

ようやく病院にかけこみ、バセドウ病と診断され、治療が始まりました。
歌って、踊って、と体力の消耗も激しかったことでしょう。
治療しながらの仕事は大変なものだったと思います。

多くの場合、増田さんのように「首の腫れ」が甲状腺の病気のキメテとなるようです。
増田さんはその後、自分がバセドウ病である、ということを公表しています。

参照:【24年間 バセドウ病と闘い続けたピンク・レディー増田恵子】
   【[歌手 増田恵子さん]バセドー病(4)病気公表 無理せず我慢せず】

歌手 絢香さん

バセドウ病 歌手 絢香さん

綾香さんと言えば、2009年の紅白に出場し、その時に自分の病気がバセドウ病であること、活動を停止すると発表したことで有名な歌手です。
この時に「バセドウ病」という病気を初めて知った人も多いのではないでしょうか?

ホルモンが過剰に作られることで体の火照りがあるようです。
なるほど、この火照りや動悸が更年期障害に似ていることから壮年期の人は気づきにくいわけですね。
綾香さんは20代で発症しているので更年期障害ではない、何か違うと分かったのでしょう。

ただ、ホルモンが過剰に作られ、動悸がするというのは、常にダッシュしているような状態で体はエネルギー不足となり、空腹となります。
そのため、たくさん食べないと栄養が足りない状態となってしまうのです。

薬でホルモン過剰を抑え込むと、空腹感を満たすために食べていた物が一気に脂肪として体内に取り込まれてしまうため、今度は太ってしまうことになります。
上記は復帰後の写真で、とても太ってしまったように見えますが、逆に言えば内服治療中であったと言えます。

参照・画像:【絢香の病気(バセドウ病)は 完治したの?】

プロサッカー選手 本田圭佑さん

バセドウ病 プロサッカー選手 本田圭佑さん

実はご本人自身は病気であると明言していません。
なのでどの記事も「バセドウ病なのでは?」という切り口となっています。
ここで分かることは、眼球突出という症状、首に手術痕があることです。
眼球突出で表情が変わるのです。

上の画像を見ても分かる通り、少し目の雰囲気が違います。
バセドウ病の症状の1つに眼球突出があります。
自覚症状としては目の炎症、だぶってみえる等の見えにくさです。

この目の異常が他の症状よりもこの病気がバセドウ病だと確定診断しやすいため、早期発見につながると言われています。

もしかしたら、サッカー選手なので、目が見えにくいのは致命的ですし、目の治療(レーシック)を受けていく中で、病気が発覚したのかもしれません。
首の治療、手術痕についても語らないそうですが、どうみても「甲状腺の手術」ではないか、という見立てとなっています。
どのみち、消耗の激しい病気のため、サッカープレーに影響が出ないのか心配されますね。

参照・画像:【「手術痕」「目に異変」本田圭佑バセドー病説の真相】
      【バセドウ病とは?本田や美奈子以外にも多くの芸能人を蝕む病】

バセドウ病と橋本病の違い

甲状腺の病気には種類があり、甲状腺の働きの変化、甲状腺の形そのものの変化により病名が変わります。

バセドウ病:甲状腺ホルモンが過剰に作られることで起こる病気

橋本病:甲状腺の慢性の炎症が起きている状態
    ホルモン合成に対して異常は多くないが、低下することもある。

甲状腺の病気ですがこの二つは明らかに違うことが分かります。
見た目はどちらも「首の腫れ」首の太さが決め手になることもあるようですが、どちらかというと「橋本病の方が硬くゴツゴツ」しているそうです。
このあたりは医師ではないと分からないかもしれません。

バセドウ病の初期症状チェック

バセドウ病の初期症状チェック

バセドウ病の症状についてはここまで読んだ方はなんとなくイメージができているでしょう。

主な症状は、首の腫れ、眼球突出、ホルモン異常によって引き起こされる症状(動悸、空腹感、それによる体重の増減、疲れやすさ)でしたね。
ただ、動悸は他の病気(心臓疾患)もありえますし、バセドウ病の決め手にはなりにくいです。

ということは主な症状はあるが、医師なら分かるというレベルのものになってしまいます。
そのため、初期症状は他の病気とかぶるかもしれませんが、次のような症状に着目してみましょう。

疲れやすい、動悸、手足の震え、息切れ、多汗、不安、暑がり、空腹が挙げられます。
ただ他の病気でも上記のような症状は出るため、長く続くようだったら受診する必要があるでしょう。
暑がりは火照りにも似ているため、更年期だろうからと見過ごす人もいるかもしれません。

バセドウ病の症状

次に男女別の症状や子供の症状について見ていきましょう。

女性の症状

バセドウ病における女性の初期症状画像:伊藤病院 – 甲状腺疾患専門

女性が初期症状で訴えてくるもので多いのが、首の腫れ、動悸、手の震え、倦怠感、発汗となっています。
年齢が若い人ほど「首の腫れ」が大きいため、症状に気づきやすいのが特徴です。

ホルモンが過剰にできることで代謝異常を起こしているため、たくさんのエネルギーが必要となります。
そのため、高齢者の場合は食べ物の摂取量が追いつかないため、痩せ気味の人が多い傾向にあります。

また、甲状腺の機能が活発な状態が続くことで生理がストップしてしまうことがあります。
ホルモンの過剰状態が続いたままの身体で妊娠すると流産や早産の危険もあるのです。

ちなみに妊娠による一時的な甲状腺機能亢進症 というものがあり、これはバセドウ病ではないので、妊娠中期以降には治ると言われています。

男性の症状

バセドウ病における男性の初期症状
画像:伊藤病院 – 甲状腺疾患専門

男性の初期症状の訴えで多いものは、体重減少、動悸、発汗です。
こちらは他の病気かもと受診して診断されているかもしれません。
ただ、ここで言えることは食べても太れないという体重減少です。

男性に見られる症状をグラフでみると四肢麻痺があります。
これは子供(男子)にも多い症状です。
甲状腺中毒性周期性四肢麻痺と言われるものです。
朝、起きた時に手足、特に足が動かない症状です。
ホルモン濃度が正常値になれば、この症状はおさまります。

子供の症状

子供のバセドウ病
画像:バセドウ病(Graves病)|日本小児内分泌学会

15歳未満の発症は5%未満で、男女比は1:7で女子の方が多いとされています。
首の腫れ(甲状腺腫大)、動悸や頻脈の出現、眼球突出、体重減少、手指の震え、発汗が増えている等、症状は大人と変わりありません。
しかし、子供は自覚症状があったとしても上手く伝えることができないため、まわりの目の観察が必要となります。

その他・合併症

  • 動悸がすることで心臓への負担が大きくなる(心臓病との兼ね合いもあるので注意が必要)
  • 食物の栄養の吸収がよくなるため、高血糖となる(バセドウ病の治療によって高血糖が治る場合がある、本当に糖尿病なのか判断していく必要がある)
  • 甲状腺クリーゼ:高熱、頻脈、下痢、流れるような汗、意識混濁と生命の危険にさらされるような症状(治療せずに放置した場合に起きるかもしれない症状)
  • 毛髪が抜ける、爪の変形、皮膚の白斑、前頚骨粘液水腫(すねの一部が腫れる、色素沈着して黒くなる)の症状がまれに見られます。

バセドウ病の原因

では、バセドウ病の原因は一体、何なのでしょうか?
実は、原因は不明なのです。

最初に「自己免疫疾患」であると表現しましたが、なぜこのように自分自身の中に抗体ができてしまい、攻撃してしまうのかが不明なのです。
ストレスや遺伝とも言われていますが、実際のところは分かっていません。

食事や生活で気を付けること

バセドウ病 食事や生活で気を付けること

  • ヨードを含む食品(海藻類)の過剰摂取に気を付ける
  • エネルギー消耗が大きな病気でもあるので、しっかり食事をする
    なるべくエネルギーとなるもの、たんぱく質、ビタミン類等、バランス良く摂れるようにする
  • 症状に動悸があるように身体への負担が大きい病気と言えるので、できるだけ刺激物を避ける
    カフェイン、アルコール、香辛料の刺激物等を控えてみる

内服が始まっても、ホルモンバランスのコントロールが安定するまでは、医師と相談して症状の改善と共に食事指導も受けていくと良いようです。

バセドウ病の検査

バセドウ病の検査

  • 血液検査:甲状腺ホルモンの量の測定、甲状腺を刺激している抗体の有無(検出されればバセドウ病と診断)
  • アイソトープ:アイソトープ(放射性ヨウ素)を服用し、アイソトープの集まり具合をみる(甲状腺にたくさん集まればバセドウ病と診断)

アイソトープ検査を受ける場合は7日くらい前からヨウ素の多い海藻類を食べないようにしたり、うがい薬をやめておく(ヨウ素が入っている)等の注意が必要です。

バセドウ病の主な治療法

バセドウ病の主な治療法

バセドウ病の治療には、血液中の過剰な甲状腺ホルモンのコントロールが必要となります

内服薬治療

甲状腺機能亢進症の症状を抑える:MMI(チアマゾール)もしくはPTU(プロピルチオウラシル)を使います。
症状改善と共に(血液検査の数値をもとに)基準値になる量を決め、維持していくことが目標となります。
効果が出るには3~4週間かかります。

また、動悸、頻脈、振戦等の交感神経症状が強い場合は、β遮断薬を併用します。
服用中に発熱、咽頭痛、関節痛、発疹、黄疸が出た場合は医師に相談します。

アイソトープ

さきほどの検査でも出てきましたが、放射性ヨウ素を服用します。
甲状腺に集まった放射性ヨウ素が働くことによって、甲状腺の細胞の数を減らすことを目的としています。
治療も日本甲状腺学会のガイドラインに掲載されています。

手術

甲状腺がホルモンを過剰に分泌しているため、その部位を切除します。
目標は「内服しなくてもホルモン異常が出ないようにするため」となっています。

まとめ

バセドウ病は甲状腺でホルモンがたくさん作られてしまう病気だが、原因が分かっていません。
なぜ、抗体ができてしまうのか?原因不明の病気です。
はっきりとしているのは「たばこはバセドウ病眼症」を悪くするということくらいです。

ただし、治療があります。
日常生活は治療すれば、普通に送ることができます。
ホルモンコントロールをすること、甲状腺の細胞を減らす、甲状腺を切除する等、選択の余地もあります。

生活スタイル(きちんと薬が飲める、通院できる等)や病状の進行(軽症なのか重症なのか)、年齢等でも治療は違ってきます。
何気ない体調の変化が長く続いている場合は他の病気もあるかもしれないので、やはり早期受診が必要でしょう。

また、基準値に戻ったとしても維持が大切なため、再発しないことを確認しながら、服薬量や期間を決めていくことになります。
焦らず、医師と相談しながら病気を向き合っていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

すこやかラボの注目記事を受け取ろう

首の腫れ、動悸・・・バセドウ病の男女・子供の初期症状と原因、治療法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すこやかラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめ記事

  • 大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

    大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

  • 癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

    癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

  • 偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

    偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

  • 不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

    不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

関連記事

  • そのフラつき・めまいは、ただの貧血なの?その原因・症状と対処法

    そのフラつき・めまいは、ただの貧血なの?その原因・症状と対処法

  • 猫の糖尿病の症状と原因 歩き方や食事を見て病気から愛猫を守る!

    猫の糖尿病の症状と原因 歩き方や食事を見て病気から愛猫を守る!

  • 妊娠中の食事メニューは何に注意したら良いの?適当はマズイって本当!?

    妊娠中の食事メニューは何に注意したら良いの?適当はマズイって本当!?

  • マッサージがあなたの肩こりを悪化させているかも・・・

    肩こりを揉んで悪化させてませんか?緊張型肩こりの効率的な解消法

  • 血糖値をコントロールして高血糖が招く恐ろしい病を防ぐ方法

    血糖値をコントロールして高血糖が招く恐ろしい病を防ぐ方法

  • 鼻づまりで寝れないあなたに!鼻が詰まる原因と解消法

    鼻づまりで寝れないあなたに!鼻が詰まる原因と解消法