読むサプリ メール講座

生理痛を緩和する食べ物まとめ 悪化させる食べ物には注意して!

生理痛を緩和する食べ物まとめ 悪化させる食べ物には注意して!

生理痛には個人差がありますが、毎月生理の度に痛みがあると憂鬱ですよね。
仕事や学業に差支えがあっても困ります。
生理痛に効果がある、女性向けの鎮痛剤などもありますが、毎月、生理期間中ずっと飲み続けるのは少し抵抗がある人もいますよね。
もし、毎日の食事で改善できるなら、手軽ですし、薬の副作用も心配ありません。
そこで、生理痛の緩和に効果がある食べ物と、反対に悪化させてしまう食べ物について、ご紹介します。

生理痛が起こるメカニズム

生理痛が起こるメカニズム

女性の子宮内では毎月、赤ちゃんができたときに着床するための子宮内膜という膜が作られます。
期間内に着床しない場合、これが血液と一緒に経血として排出されますが、この現象がいわゆる生理です。

このとき、排出がスムーズにいくように、「プロスタグランジン」というホルモンが出るのですが、このホルモンが多すぎると、子宮の収縮が強すぎて子宮などがある下腹部の痛みが強くなります。
また「プロスタグラジン」は血管を収縮させる作用もあるため、腰痛など体に痛み、だるさ、冷えを感じるのです。

生理前半はとくにこのホルモンの影響が大きいのですが、生理期間後半に起こる下腹部の鈍痛や頭痛、むくみなどは、血液の流れが悪くなる「うっ血」と呼ばれる状態が引き起こします。
生理痛を緩和するためには、この「プロスタグラジン」「うっ血」に対策を講じる必要があります。

生理痛を緩和する食べ物

ホルモンバランスを整える食べ物

生理痛を緩和する食べ物

イソフラボン

豆乳、豆腐など大豆製品。
女性ホルモン「エストロゲン」とよく似た働きをすることで知られる、大豆の「イソフラボン」は、エストロゲンの働きを助けるだけでなく、エストロゲンの過剰分泌を抑える働きもあります。
摂り過ぎると生理不順などを起こす可能性もあるので注意が必要です。

ビタミンE

アーモンドなどナッツ類、アボカド、イワシなど。
エストロゲンと対をなす女性ホルモンである「プロゲステロン」の分泌を活性化させます。
エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えるには、どちらもバランスよく摂る必要があります。

ビタミンB6

カツオ・マグロ・サバなどの魚や豚肉、レバーなど。
これらに含まれるビタミンB6には女性ホルモンを活性化する働きがあります。
生理不順や生理痛などの悩みを改善します。

γ-リノレン酸DHA・EPA

マグロのトロ、サバ、サンマなど青魚の脂。
プロスタグランジンにはE1、E2、E3があり、E2が痛みを起こす働きをします。
これをE1やE3が抑えるのですが、プロスタグラジンE1、E3の生成に寄与するのがγ-リノレン酸やDHA・EPAです。

カモミールティー・ローズペタルティー

どちらも、ホルモンバランスを調整する作用があり、特にカモミールには鎮痛作用もあり、生理前~生理中に飲むのがおすすめです。

うっ血に効く血流をよくする食べ物

生理痛を緩和する食べ物

クエン酸

レモン、グレープフルーツ、イチゴ、梅干し、お酢を使ったものなど。
血行を良くする作用があります。
血行を良くするには冷えは大敵です。
なるべく常温で食べましょう。

ジンゲロール・ショウガオール・アリシン

生姜、玉ねぎ、ニンニクなど。
体を内側から温める働きで血行を良くします。
料理に少し足すだけでも効果がありますので、冷えがちな女性は普段から摂りたい栄養素です。

発酵食品・根菜類

ヨーグルト、納豆、レンコン、ジャガイモ、ニンジンなど。
発酵食品や根菜の他にも、冬野菜や寒い地方で取れる野菜などには体を温める働きをするものが多くあります。

生理痛を悪化させる食べ物

生理痛を悪化させる食べ物

カフェイン

コーヒー、緑茶、紅茶、チョコレートなど。
血管を収縮させ、血行が悪くします。
また鉄分の吸収を阻害するので、生理中は貧血を悪化させる恐れもあります。

酸化した油や過剰なリノール酸油

スナック菓子、ファストフード、インスタント食品など。
酸化した油が血液をドロドロにしてしまうため、血行が悪くなります。
γ-リノレン酸DHA・EPAなど良質な油を摂らず、これらの食品を普段から摂りすぎていると体内の脂質バランスが崩れ、プロスタグランジンE1、E3の生成を増やす作用を阻害してしまいます。

精製度の高い食品

上白糖、白米、小麦粉など。
精製度の高い食品は体を冷やし、摂りすぎるとビタミン・ミネラルの吸収を邪魔してしまうことがあります。
白米に押し麦を足したり、玄米や7分づき米を意識して摂ることを心がけましょう。
小麦を使ったパンなども精製度の高い、白いものより、全粒粉を使ったパンやライ麦パンがおすすめです。

冷たい食品・体を冷やす食べ物

アイスクリーム、トマト、ナスなど。
アイスクリームなど冷たい食べ物、飲み物はもちろん、夏野菜・暑い場所で取れる野菜などには、体を冷やす作用があるといわれています。
食べ過ぎには注意しましょう。

おわりに

あなたの食生活はいかがでしたか?
食生活以外にも、運動不足や睡眠不足、ストレスなど生理痛を強めてしまう原因は様々です。
まずは食事と生活習慣を見直して、憂鬱な生理痛を緩和しましょう!

最初のコメントをしよう

必須

*