1. TOP
  2. 炭水化物は抜いちゃダメ!20代がダイエットで失敗を避けるための3要素

炭水化物は抜いちゃダメ!20代がダイエットで失敗を避けるための3要素

 2015/08/07 ダイエット 美容・痩身・運動 この記事は約 5 分で読めます。
ダイエット

ダイエット法って、
いつの時代でも次から次へと新しいものがでてきますよね。

はじめに

ちょっとメディアで取り上げられて話題になったりすると、
すぐに多くの人が試してみたりして、
やっぱり関心が高いジャンルだなーとつくづく思います。

ただ、様々なダイエット法が話題になるのは別にいいのですが、
その中にはちょっと偏り過ぎたものがあったり、
「おやっ?」と首をかしげてしまうようなものがあったりするのも事実。

特に20代の人は、仕事にプライベートにパワフルな世代。
異性との付き合いやオシャレなどにも意識が高いので、
どうしても無理なダイエットをしてしまいがち。

その結果、痩せて綺麗になるどころか、
逆に体調を崩したり、栄養不足で病気がちになってしまったり、
思わぬ反動に襲われることも。

そんなことにならないよう、
ダイエットでやってしまいがちな失敗を避けるための3要素をご紹介します。

①栄養のバランスを忘れないこと!

バランスの良い食事

何か一つの野菜や果物だけをひたすら食べるというような、
偏った食事を行うダイエット法がありますが、
僕の中ではあれは望ましくないと思っています。

理由はカンタン。明らかな栄養不足が起こるから。
特に20代から栄養不足が続いてしまうと、
20代のうちは若さでなんとかカバーできても、
30代以降の健康状態に大きく影響する可能性があります。

例えば、若い頃からビタミンやカルシウムが不足しがちだと、
年を重ねたころに骨粗しょう症に・・・なんて可能性も高まるといったデータがあるようです。
偏りのある食事ではなく、栄養のバランスを考えながら、
食事と合わせて運動を組み合わせる方が、
無理なく自然で、リバウンドのない健康的なダイエットができます。

②過度なプロテインダイエットはノー!!

適度な運動

プロテインの過剰摂取は肝臓に負担をかけたり、
肌荒れを起こしたり、
かえって太る可能性が高いので、タブーです!

ただし、ある程度のプロテインを飲むことは、
筋肉を適度につけるという意味でおススメです。

プロテインを飲んでから運動をすると、
通常よりも筋肉がつきやすくなります。

筋肉がつくと、全体的な基礎代謝が上がるので、
燃費の悪い(よく燃える)やせやすい身体になっていきます。
プロテインをとるなら運動前をおススメします。

また、人体における髪や肌、酵素、内臓など、
そのほとんどがたんぱく質から分解されたアミノ酸をもとにできています。
良いたんぱく質、良いアミノ酸を摂ることは、
これらの組織をいい状態に保ち、美白やきれいな髪を作るのにも役立ちます。

ただ、コラーゲン精製などは、たんぱく質だけを摂ってもダメです。
分解されたアミノ酸以外に良質な栄養素が無ければ、
コラーゲンを精製できないからです。

なので、たんぱく質だけでなく、
良質な栄養素を摂取すること意識してください。

③炭水化物は抜いちゃダメ!

炭水化物、米

最近、炭水化物を抜くというダイエットが流行っています。
ただこれは、とても危険だと感じます。
炭水化物が体内でどのような役割や作用を持っているのかを考えると、
おのずとその問題が見えてきます。

あなたも知っていると思いますが、
炭水化物、脂質、たんぱく質を三大栄養素と呼びます。

これらは体内でエネルギーに変わるもので、
左から順に即効性のあるエネルギーに変わっていきます。

つまり、エネルギーを補う即戦力のようなもの。
その即戦力となる炭水化物を抜いてしまうと、
すぐに使えるエネルギー源が得られないため、
次に控えている脂質をエネルギーに分解することになります。

ここまでをみると、

「脂肪が燃えてくれるから、ちょうどいいんじゃないの?」

という人が多いかもしれませんね!
でも、ここが落とし穴なんです!

脂質をエネルギーへと分解するためには、
実は炭水化物よりも多くの栄養が必要になります。
そのせいで、体内の栄養が過剰に消費されてしまいます。

そして更に、脂質も無い人はどうなるかと言うと・・・。
予想通りその次のたんぱく質を分解する必要が出てきます。

人体を構成しているたんぱく質が、
エネルギー確保のために分解されるのは、
まさに最後の手段!
それが頻繁に起こるというのは、避けるべき事態!

もちろん、炭水化物の摂り過ぎが太る原因になるのは間違いありません。
でもだからといって、炭水化物を抜いてしまうと、
即戦力として使われるエネルギー源が不足してしまい、
身体の反応も遅れて慢性的にボーっとしてしまいます。

摂り過ぎるでもなく、抜くでもなく、
適度に炭水化物を摂る。
シンプルですが、これが結論です。

まとめ

いかがでしょうか?
もしかすると③の内容なんかは、
あまり知らなかったという人も多いかもしないですね。

ダイエットが悪いとは思いませんし、
僕もたまに意識することはあります。

でもそれは、こういったことを自分で理解したうえで、
健康を損なわない範囲の中で、
自分でコントロールしながら行っています。

あなたの身体はあなただけのもの。
この世のどこへ行っても、
いくらお金を積んだとしても、
あなたの身体にスペアは存在しません。

だからこそ、世の中に溢れる情報を鵜呑みにせず、
疑わしいと思うものは自分で調べ、
正しい知識と理解のもと、自己責任で行いましょう。

それが、あなたの健康を自分で守る唯一の方法です。

\ SNSでシェアしよう! /

すこやかラボの注目記事を受け取ろう

ダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すこやかラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

おすすめ記事

  • 大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

    大腸がんの検査方法について-初期症状の発見と原因を知る重大性

  • 癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

    癌治療に特化したプロフェッショナル!癌治療認定医の試験や申請方法

  • 偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

    偏頭痛の原因と治し方-吐き気を伴う頭痛、こんな人がなりやすい!

  • 不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

    不眠症を治す9つの方法-眠れない人は今すぐ診断!今夜から安眠に

関連記事

  • e419cc75f2761b56714f11a778f20849_m

    肩こり・頭痛・腰痛・胃痛・難聴・・・病気を物語る!?耳の簡単チェック方法

  • 8B4MQPNAB6

    人工甘味料の危険性-カロリーゼロで太って寿命を縮めたいですか?

  • 1ed4fa1dfa1c74847e1a397e86140cf6_m

    メタボ・生活習慣病で一番ヤバいのは30代女性!?運動で予防できる?

  • 5fc06c90790afbd7e2d0ff3425d4ce13_m

    ダイエットできない意志が弱い人が無理なく簡単に短期間で痩せる方法

  • d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

    すぐできる!記憶力を高める13個の方法で物忘れやボケを防止☆

  • 128f4032d4e4a07ee119d2c1690bb64e_s

    体が硬い人のためのストレッチ!?硬い人がやりがちな3つの間違い!